結婚指輪と婚約指輪の違い

最近、仕事上の絡みで指輪を扱っている方とお話する機会がありました。
主に婚約指輪や結婚指輪を扱う方で、良い機会だったので婚約指輪と結婚指輪の違いについて色々と聞いてみました。
色々、といってもあまり時間がなかったので、詳しくお聞きすることが出来なかったのですがここに書いていこうかと思います。
婚約指輪と結婚指輪に自分が思っていたより明確な違いがあり驚きましたが、その内容を以下に書いていきます。
まず婚約指輪ですが、こちらは男性が女性に対して婚約の記念や証として送るもので相場は数十万程度の物が多いようです。
また、宝石が付いており特にダイヤモンドが使われることが多いそうです。
その理由として地球上で最も硬い鉱物を使うことによって「永遠の愛を固く誓う」という意味合いを持たせるためと言っていました。ただし、必ずしもダイヤモンドを使うわけではなく、真珠や誕生石を使う場合もあるそうです。
次に結婚指輪ですが、こちらは男女ペアで購入し、基本的に結婚後は必ず身につけて自分がすでに結婚していることを周りに伝えるという役割を持つ指輪だそうです。
また、結婚式の際に指輪交換の儀で使用されるものこの指輪だそうです。
まぁ、自分が聞いた話はだいたいこんな感じです。